ユーグレナの遺伝子解析サービスはある程度判定できる

最近、耳にする言葉で気になるものに「何々でよろしかったでしょうか」と言われる場合があります。
コンビニでもショップでも居酒屋でも、このような言葉を聞く機会が多くなっています。
言葉は時代によって変わって来ると言われますが、謙譲語や尊敬語と言った敬語にも変化がみられることに抵抗を感じる人は一杯いると思われます。
「何々でよろしかったでしょうか」とは「何々でよろしいでしょうか」が基本であり、言葉を指導する人がいかに不見識かが判ってしまう結果になっています。
つまりそこで働く人の言葉のレベルが高くないと宣伝しているようなものと思えてくるのは、私だけでしょうか。
コンビニやショップなどお店自体は綺麗に整理されていることが多く、素敵なお店に見えるのですが、言葉使いが出来ていないと幻滅を感じることになりかねません。
コンビニやショップなどのお店を開く時には、従業員に対してキチンとした日本語教育をして欲しいと考えるのですが、時代の流れで致し方ないと考える人がいるのかも知れません。
またそんなおかしな日本語を教わる外国人もいい迷惑で、正しい言葉使いが出来てこそ、お客様への接客が可能になると思われます。
少なくともマナーだけでなく、基本的な敬語の使い方だけは従業員教育で行って欲しいと考えるは、無理なことなのでしょうか。
あと、ここのところ気になってものがあって、それはユーグレナの遺伝子解析サービスです。
出生時に身についた遺伝子情報は、終生変わることはありません。
その内容は個人によってまちまちですが、その設計図の特性を分析することで、かかりやすい病気などをある程度判定することができます。
ユーグレナ遺伝子解析サービス
https://www.eug-myhealth.com/

JUGEMテーマ:日記+情報

スポンサーサイト

コメント